投稿日: Jun 23, 2020

立川北デンタルオフィス

先週アップロードした右上2番(みなさんから見て左上2番目の歯肉出血してる仮歯)の症例。

上 仮歯
中 オールセラミッククラウンe.max装着時
下 装着後1週間後

セット後1週間経過の歯肉をご覧ください。かなり綺麗にクリーピングしてきたのがお分かりでしょうか?

行田先生に教わった歯肉縁下形成。歯肉まで形成して新鮮面を出し、接合上皮内マージンでメンテナンスフリー領域を産生。

青島先生に教わった形成限界を明示する歯肉圧排。ややオーバーカウントゥアの仮歯。仮歯の着脱にはリムーバーを使用せず、私はタオルクランプにて外すことで歯肉への負担を減少させてます。

無駄なブラシ圧をかけないように、クロルヘキシジンでの含嗽メインでしていただくと下の写真のような歯肉のラインが作れます。

オールセラミッククラウンは、立川デンタルラボラトリー平野氏によるレイヤリングテクニック。他の前歯の透明感まで再現して製作していただきました。

2020年7月1日に立川北デンタルオフィス9周年となり十年目を迎える事となりますが、ここまでの症例が出来る様になれたことは個人的にもとても嬉しく思います。足繁く通院しかかりつけ歯科医院にしてくださる患者様達と、支えてくれるスタッフさん、最先端医療を教えてくださる先輩歯科医師の方々のお陰です。この場をお借りしてありがとうございます。これからも、審美的で機能的な歯科医療を提供し続けますのでよろしくお願いします。

診療ご希望の方は0425958118までご連絡ください!
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。